4月6日(土)  御正体山1682m 天気 小雨
コース 都留市駅ー細野バス停〜三輪神社〜御正体山頂〜中ノ岳〜奥の岳〜山伏峠ー河口湖駅ー自宅

 前日溝ノ口のバス停で娘と帰りが一緒になり、こんな時間に帰れると楽だねといわれ、そうだそのとおりだと思うと、急に山に行きたくなった。
朝なぜか4:20頃目がさめ、それからは寝られなかった。5:30頃起きだし、荷物をまとめて、6:23のバスに乗り、6:50登戸発の電車で立川7:23発の中央線に乗換え、さらに高尾で7:23の河口湖行きに乗りかえる。都留市駅には8:50について、バスで細野まで行く。団体等は駅からタクシーで、バス停から歩いて30分先の林道終点まで乗っていったようだ。細野で9:20に降り、少し歩いて、三輪神社脇から(御正体山登山口と看板がある)から車道を進む。途中林業の人が作業をしていた。やがて砂利道になってから、車道が終わり山道になる。川を1回渡り、なだらかな登りがしばらく続き平になってから、急な登りが始まる。少し張り切って登っていたので、後半からつかれてくる。稜線が見えるようになってからもなかなかつかない。奥深い山だ。それでも予定より1時間早く11:30には1550mの稜線に出る。少し休めば良かったが、12:00には山頂に着きたかったので、休憩時間を短くして、すぐ出発する。そのせいか、12:00過ぎには山頂につく。
山頂にある祠

山頂には駅からタクシーで来た団体と1組の夫婦がすでにいた。富士山を始め、周囲の展望も木立が密集していて良くない。それでも200名山らしく、山頂は広い。今日はカレーライス。ご飯は白米にすれば良かったが、炊き込みご飯にしたら、夕食と同じになってしまった。昼食の後、写真をセルフで撮り、12:50に出発する。冷たい風が東側から吹いてくるが、しばらく歩くとまた半そでシャツ1枚になる。鉄塔付近で先に出発した夫婦を追いぬき、山伏峠と石割山の分岐点に2:05につく。
分岐点から御正体山
山伏峠の下りはがれていて下りにくい。バス停のある峠には2:30に着き、ヤレヤレとお茶を飲む。
山伏峠旧道トンネル
道に向こうにバス停が見えたので、確認していなかった帰りのバスの時間を見ようと思って道を渡ろうとしたら、丁度バスがトンネルから出てきたので、手を上げたら停まってくれた。14:36のバスで河口湖駅に向かい、河口湖駅発15:49の直通の電車で自宅に向かう。自宅には18:40過ぎにつく。
感想・書込みはこちらから