裏銀座
コース 信濃大町ー濁沢〜烏帽子小屋〜三つ岳〜野口五郎岳〜水晶小屋〜祖父岳〜雲ノ平〜黒部源流〜三俣蓮華岳〜双六岳〜鏡平〜ワサビ平〜新穂高温泉

1日目(7月29日・土)
    タクシーを降りてから、ダム工事現場をヘルメット着用で約2時間歩く。濁り沢からの登りは緩い登りが少なく、急だった。5時間10分ほどで烏帽子小屋に着く。霧が発生したため、烏帽子岳はあきらめる。




2日目(30日・日)
 三つ岳〜野口五郎岳は登り下りがあるも、比較的緩やかだった。



東沢乗越から水晶小屋までの登りががきつかった。ガレていて登りにくい。
祖父岳で職場の池田氏と偶然出合う。雲ノ平はなだらかで北アルプスの中ではホッとする空間だが、高山植物は少なかった。

3日目(31日・月)
   雲ノ平を5:40に出発して、新穂高温泉まで一気に下りる。途中の黒部源流は水が冷たく10秒漬けただけで足が痛くなってしまう。



5:00に着いて民宿に泊まり、山の疲れをとる。
4日目(8月1日・火)
   新穂高温泉を9:00に出発して高山経由で名古屋に出て新幹線で帰る。我が家には6:00に帰宅する。