11月23日小金沢山
コース 石丸峠登山口(10:30)〜石丸峠(11:00)〜(途中昼食)〜小金沢山(13:00)〜黒岳15:00)〜湯ノ沢峠(16:00)〜やまと天目山温泉(17:45)

                小金沢山山頂にて                                黒岳山頂にて

 今日はバスツアーに申し込んで登る。新宿を7:30に出発するが、祝日の渋滞と高速を下りてからも結構時間がかかり、結局登山口についたのは3時間経った10:30になっていた。登りは150mほどで終わり、すぐ石丸峠に着く。後は稜線のアップダウンの道を行く。小金沢山手前の狼平という、やや広がりのある笹原で12時近くになったので昼食となる。私は時間があると思ってラーメンしか持ってこなかったので、30分で出発ですと言われ、急いでお湯を沸かし始める。何とか後片付けも含めて30分で食事が終わる。添乗員さんに急がせてすみませんねと言われてしまった。これからはツアーは作る食事は禁止!小金沢山は2000mあるが、展望悪く、何も見えないのでがっかり。小金沢山からは大した登り下りもなく、楽な道。黒岳は南の展望良し。ここから左に下っていくと大峠に出て、有名な500円札の図柄にある富士山を撮影した雁ヶ腹摺山に1時間で登れる。今日はここからまっすぐ湯ノ沢峠経由で下る。湯ノ沢峠から少し下った所にはひっそりと避難小屋がたたずんでおり、林道がそこまで延びていた。登山口までは沢沿いの道を歩くが、もう大分暗くなり始めていた。登山口に出た時はすっかり暮れ始め、ランプを点けながらバスの待つ、やまと天目山温泉へひたすら歩く。温泉の明りが見え、バスを見つたらホッとした。途中の甲州街道沿いの店でビールや酒を買って飲んだら、空腹には答えられなかった。帰って調べてみたらこの日は約14km歩いたようだ。満足!